• ホーム
  • クラミジアの予防はコンドームを使用する

クラミジアの予防はコンドームを使用する

性病の中でも感染者数が比較的多くを占めているクラミジアは、コンドームを正しく使用することによって防ぐことができます。
しかし現在多くの人が誤った使用方法でコンドームを使用してしまい感染してしまうという人もいます。

コンドーム自体には避妊と性病予防の目的でつくられているものなのですが、使用方法をしっかりと理解していなければ感染してしまう可能性もあるということです。
コンドームは性行為の最初から最後までしっかりと陰部に装着し中に放出された精液を手で触れることなく捨てることができるようにして作られています。
にもかかわらず感染してしまう原因として挙げられるのが挿入行為が始まった時には何もつけずに後からコンドームを装着した場合です。

たとえ後から装着したとしても、相手がクラミジアを持っていて体液が中に入ってしまえば十分に感染率は高まります。
またよくあるのが膣内でコンドームが破れてしまう、外れてしまうという場合です。
この場合、コンドームを装着する時に爪などで傷をつけてしまいそこから精液が膣内に付着してしまうということが考えられます。

またコンドームの先の部分の空気を抜かずに装着し、その部分が圧迫されて破れてしまったという場合も考えられます。
また感染しているパートナーが口で性器の愛撫などを行ってしまうと、そのクラミジアは性器にも感染してしまうことになります。
コンドームを正しく着用することは避妊を予防することだけではなく、性病にならないように自分の体を守ることもできるといえます。

クラミジアなどの性病に感染し放置してしまうと、失明などのリスクがあるだけでなく、女性であれば妊娠をすることができない状態になってしまいます。
性病は発症がわかりにくいことが多いため早期発見が遅れがちになり最悪気づかずにそのまま放置してしまうということも考えられます。
そのようなことにならないためにもしっかりと正しいコンドームの装着方法を理解しておきましょう。

コンドームの正しい付け方

コンドームの正しいつけ方はまず精子溜りに空気が入らないようにして装着をするということです。
装着する際は必ず両手を利用して片手でコンドームを持ち片方の手で精子溜まりをつまんで空気が入らないようにして装着することが重要です。
また装着するタイミングですが膣内に挿入する直前で勃起状態のときに装着しましょう。

半勃起状態で装着してしまうと挿入中に中でコンドームが外れてしまっていたということもあります。
タイミングを逃してしまいコンドームを装着したのになかなか装着に至ることができずに萎えてしまったという場合は新しいコンドームに付けかえるようにしましょう。
またコンドームの裏表をしっかりと確認してから装着を行うことが大切です。
またコンドームは必ず下までおろしてから使用しましょう。

先を急ぐばっかりに性行為にそのまま至ってしまうこともあるかもしれませんが性行為中は激しいピストン運動が何回も繰り返されます。
ちょっとなら下まで下がってなくても大丈夫などと考えるのではなくしっかりと下までおろしておくことが重要です。
またコンドームが途中ではずれてしまった場合は迷わずに捨て、すぐに新しいコンドームを装着しましょう。

一度装着したコンドームを再度伸ばして合わせようとすると空気が混入しやすくなってしまいその状態で性行為をしてしまうと感染のリスクが高まってしまいます。
女性も男性もしっかりと性行為中のコンドームの付け方を理解しておけば安心ですが、一方的に男性が誤ったコンドームの付け方をしていた場合は女性側がきちんとしたつけ方を教えてあげるようにしましょう。
このようにクラミジア感染はコンドームを装着していても感染することがありますから感染原因を意識したうえでしっかりとした知識を持って性行為を行いましょう。