クラミジアの治療方法

クラミジアは、慢性角結膜炎や第4性病と呼ばれていた鼠径リンパ肉芽腫を発症させる真正細菌クラミジア・トラコマチスに感染する事で発症する感染症とされ、性器クラミジアは日本国内で最も感染患者の多い性病とされています。
性器クラミジアは、病原菌のクラミジア・トラコマチスが体外の環境下では感染力が弱いので、手すりやドアノブなどに触れる間接接触による感染リスクは非常に低いです。
感染患者の精液や膣からの分泌液などに直接粘膜が接触する性行為による感染経路がほとんどとされていますが、咽頭クラミジアの感染患者とのキスや母子感染などの感染経路もあります。

性器クラミジアは、感染から1週間~3週間程度の潜伏期間を経て発症しますが、男性患者の約5割、女性患者の約8割に自覚症状が無く、男性と女性では大きく症状が異なります。

男性の感染患者は、感染後陰茎や肛門周辺に水疱や潰瘍が発症すると共に病原菌が尿道で繁殖する事で尿道炎を引き起こします。
排尿時の不快感や透明色~乳白色の粘度の低い膿の排泄などの自覚症状が現れ、更に病原菌が感染患部を拡大すると前立腺炎や精巣上体炎の発症リスクが高くなります。

女性の感染患者は、外部生殖器や肛門周辺などに水疱や潰瘍が発症すると共に膣内や子宮頸管部で病原菌が繁殖する事で、膣炎や子宮頸管炎を発症しおりものの量の増加や色の変化などの兆候が見られる様になります。
性器クラミジアの感染に気付かない事が多く卵管炎や卵巣炎を引き起こすだけで無く、骨盤内腹膜炎や肝周囲炎など重篤な疾患を併発する感染患者もいます。

クラミジアの治療は、マクロライド系抗生物質ジスロマックやニューキノロン系抗生物質クラビットなどを服用する薬物療法が行われていますが、ジスロマックとクラビットは作用機序が大きく異なる治療薬です。
ジスロマックは、マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とする抗菌薬剤です。
病原菌の細胞壁に必要とされる蛋白の合成を司るリボゾームを構成するサブユニットと選択的に結合する事で病原菌の正常な蛋白合成を阻害します。
蛋白の欠乏を引き起こす事で弱くなった細胞壁が病原菌自身の高い浸透圧に耐え切れず融解する医薬効果を発揮します。

クラビットは、ニューキノロン系抗生物質レボフロキサシンを主成分とする抗菌薬剤です。
病原菌のDNAを切断すると共に螺旋を取り除く働きを担うDNAジャイレースの働きを阻害する事でDNAの複製を抑制し病原菌の増殖を抑える医薬効果を発揮します。

クラミジア治療薬の副作用は?

クラミジアの治療には、人間の細胞には作用する事無く選択的に病原菌に直接作用する、時間依存性のマクロライド系抗生物質ジスロマックと、病原菌の増殖を抑制する濃度依存性のニューキノロン系抗生物質クラビットが安全性が高いとして用いられています。
両方の薬剤共に抗菌効果の非常に強い抗生物質なので医薬成分が胃酸の影響を受ける事で引き起こされる胃部の不快感や嘔吐、抗菌効果により腸内フローラのバランスが乱れる事により引き起こされる下痢、頭痛などの副作用を発症する事もあります。

クラミジア治療薬は、ジスロマックやクラビットの様に選択的に病原菌に医薬効果を発揮するので比較的副作用が少ないとされています。
体質や体調、既往歴によってはアナフィラキシー・ショックや不整脈、大腸炎、間質性肺炎、横紋筋融解症、重度の血液成分異常などの重篤な副作用を発症する事もあります。

クラミジアの治療薬は、ジスロマックやクラビットの様に服用後腸から吸収され、肝臓の酵素による代謝を経て腎臓から医薬成分の大半が排泄されています。
腎臓と肝臓の機能が低下している高齢者や腎臓と肝臓に持病を持っている感染患者の服用は側腹部痛や腰痛、尿量の減少などの症状が現れます。
また、腎機能障害、食欲不振や黄疸、発熱などの症状が現れる肝機能障害などの重篤な副作用を発症するリスクが高いので服用に際しては専門医の指示に従う必要があります。

クラミジアの治療薬は、抗菌効果が非常に強い抗生物質です。
免疫抑制剤のシクロスポリンや血栓抑制剤のワーファリン、胃酸抑制剤の制酸剤との併用により医薬成分の吸収阻害による抗菌効果の低下や排泄阻害による過剰な血中濃度の上昇などの薬害が引き起こされます。
併用服用の弊害により重篤な副作用の発症リスクが非常に高くなので注意する必要があります。