• ホーム
  • 抗ヘルペス薬にはバルトレックスが?

抗ヘルペス薬にはバルトレックスが?

グレー副を着ている人

不快な水泡や痛み痒みを引き起こすヘルペスに悩まされている人は多いですが、ただ黙って耐えていれば良いというわけではありません。
現在ではバルトレックスという非常に効果の高い治療薬が開発されており、発症してからできるだけ早く服用することで症状を軽く済ませることができます。

バルトレックスが効果的に作用するのは、ヘルペスウィルスの増殖を邪魔する働きを持っているためです。
ウイルスが増殖して症状を悪化させるためには、私たちの細胞に侵入してからDNAを複製し、自らをコピーしていく必要があります。
バルトレックスの主成分であるバラシクロビルは、ウィルスがDNAを複製するために必要な物質とよく似ており、間違って取り込ませることでコピーを不可能にすることができます。

これによって増殖を抑え、少しずつ症状を治していくことができるのですが、バルトレックスの場合は先に開発されたヘルペス治療薬よりも吸収率が良いという点が大きな魅力です。
その分体内で長く効力を発揮するため服用回数が少なくて済み、手間がかかりませんし副作用の発症リスクも下げることができます。

バルトレックスは効果が高く副作用の心配が低い夢のような薬ですが、それでも100%安全とは言い切れません。
体質や服用方法によっては副作用が起きる可能性があり、発疹や目眩、腹痛や下痢、嘔吐や眠気に痙攣など様々な症状が起きてしまうこともあります。
どの副作用が起きるかは体質などにもよるので分かりませんが、違和感を感じたらすぐ服用を中止して医師に相談してください。

こういった副作用はほとんど発生することはありませんが、1%未満の確率でアナフィラキシーなどの重篤なアレルギー反応が起きたり、急性腎不全や精神神経症状が現れることもあります。
特にバラシクロビルは腎臓によって分解されるため、腎臓に持病のある人は負担が大きくなるので危険です。
腎臓関連の重い合併症が起きることもあるので、医師に相談したうえで服用を控えた方が良いでしょう。

バルトレックス購入方法

バルトレックスはヘルペスに対して非常に効果が高いので、再発を繰り返す患者の中には常にお守りのように持っておきたいという人も多いです。
しかしバルトレックスは1度の処方で5日分から10日分ほどしか貰えないため、常備薬として持っておくことはできません。
薬価もかなり高く、再発予防目的で保険適用外でまとめて処方してもらうと10,000円を超えるなど、驚くような価格になってしまうこともあります。

基本的な入手方法は病院から処方してもらうことですが、毎月のように発症を繰り返す場合などは経済的な負担がかなり高くなってしまいます。
このため、少しでも負担を減らすためにバルトレックスのジェネリック薬品を選ぶか、通販で購入するという方法を選ぶと良いでしょう。

医薬品を通販で購入できるのかと驚く人もいるでしょうが、最近では個人での使用に限り海外からの医薬品輸入が認められているため、仲介業者を通じて取り寄せる人が多くいます。
海外から輸入すると聞くとハードルが高そうですが、実際には日本語のサイトを通じて一般的な通販と同じように購入できるため、非常に簡単です。

日本よりもかなり安い価格で販売されているものが多く、診察料などもかからないので費用を抑えることができます。
送料は必要ですが、まとめ買いをすれば送料無料としている通販サイトも多くあり、こまめに病院に通って診察料をかけるより安く済むケースがほとんどです。
品質についても海外で承認を受けた正式な薬なので不安はありませんが、稀に偽物を販売する悪質なサイトや海外業者がいるので注意が必要です。
信頼できる通販サイトを使い、必ず使用者のレビューなどもチェックしたうえで注文するようにしましょう。